不動産買取を検討中の方は必見!不動産買取に必要な費用とは?

不動産売却

不動産買取を検討中の方は必見!不動産買取に必要な費用とは?

不動産を売却するには、不動産会社に仲介を依頼する場合と不動産会社に直接買い取ってもらう場合の、2つのパターンがあります。
不動産買取であれば仲介手数料が発生しないため、お得に売却できると思われるかもしれませんが、無料で売却できるわけではありません。
今回は、不動産買取で発生する費用を、税金とその他の諸費用にわけてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取に必要な費用①税金

不動産買取にかかる税金は以下の3種類です。

●印紙税
●登録免許税
●譲渡所得税


印紙税とは、売買契約書に貼付する収入印紙代のことです。
印紙税がいくらかかるのかは売却価格によって変わり、たとえば500万円を超え1,000万円以下で売却したのであれば1万円、1,000万円を超え5,000万円以下の場合は2万円となります。
なお、売買契約書は売主と買主分の2通を作成しなければなりませんが、印紙税はそれぞれが自分の分を負担することになります。
不動産を売却すると当然その物件の所有者も変わります。
そのとき所有権移転登記が必要となり、住宅ローンを完済した場合は抵当権抹消登記も必要です。
このときにかかる税金が登録免許税で、所有権移転登記にかかる税金はその不動産の評価額によって決まります。
抵当権抹消登記にかかる税金は土地・建物それぞれ1,000円ずつです。
譲渡所得税は売却した翌年の確定申告で支払います。
譲渡所得税がかかるのは売却価格そのものではなく、売却価格から物件の取得費と売却に要した諸費用を引いた金額です。
ただし控除や軽減税率などお得になる制度がいくつかあるので、上手に利用しましょう。

かんたん売却査定はこちら

その他記事一覧はこちら

不動産買取に必要な費用②その他の諸費用

不動産買取には税金以外にもその他の費用が発生します。
まずは、不動産を売却したら当然そこから引っ越さなければならないので、引っ越し費用が発生します。
引っ越しの規模や移動距離もしくは引っ越しの時期によって費用は変わってきますが、大きな出費であるのは間違いないでしょう。
また不動産売買契約を結ぶ場合は印鑑証明書が必要です。
印鑑証明書の発行は1通あたり300円かかります。
また、不動産買取にはたくさんの書類が必要です。
もし紛失などで再取得しなければならないのであれば、その費用もかかります。
数百円で再取得できる書類もありますが、土地測量図面・境界確認書に関しては再度測量しなければならず、取得に60万円から80万円かかるのでご注意ください。
登記済権利証も再取得するためには3万円から5万円の出費となります。

まとめ

不動産会社による不動産買取では仲介手数料はかからないものの、費用がどうしても発生してしまいます。
数百円の負担で済むものであればあまり気にならないかもしれませんが、譲渡所得税など高額になるものもあるので、売却時には考慮しなければなりません。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産売却”おすすめ記事

  • 住宅ローンが返済不可になったら?対処法や任意売却についてご紹介の画像

    住宅ローンが返済不可になったら?対処法や任意売却についてご紹介

  • 農地を売却しづらい理由とは?売却方法と費用についても解説の画像

    農地を売却しづらい理由とは?売却方法と費用についても解説

  • 不動産売却における法人と個人の税金の違いとは?計算・節税方法をご紹介の画像

    不動産売却における法人と個人の税金の違いとは?計算・節税方法をご紹介

  • 不動産売却時に売却相場を決めるうえで必要な固定資産税評価額についての画像

    不動産売却時に売却相場を決めるうえで必要な固定資産税評価額について

  • 空き家を売りたいときに選択できる売却方法とは?かかる費用もご紹介!の画像

    空き家を売りたいときに選択できる売却方法とは?かかる費用もご紹介!

  • 雨漏りしている家は売却が難しい?告知義務の必要性や売却方法についても解説の画像

    雨漏りしている家は売却が難しい?告知義務の必要性や売却方法についても解説

もっと見る