大和市の不動産・買取|株式会社TATSU(タツ) > 株式会社 TATSUのスタッフブログ記事一覧 > 不動産買取における権利書はどんな役割があるの?

不動産買取における権利書はどんな役割があるの?

≪ 前へ|不動産を任意売却できるケースとは?流れとメリット・デメリットも解説!   記事一覧   不動産の買取保証とは?そのメリットやデメリットも解説|次へ ≫

不動産買取における権利書はどんな役割があるの?

カテゴリ:不動産売却

不動産買取における権利書はどんな役割があるの?

不動産買取をする際に、土地の権利書というものが必要になります。
普段は全く使用しないので、手元に見当たらないという方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は不動産買取の際における権利書の役割と、紛失したときの対処法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取における権利書にはどんな役割があるのか?

権利書は、土地や不動産の所有権に関する権利があることを証明する役割を果たしています。
また、所有権だけでなく抵当権や賃借権、地上権なども記載されています。
かつては紙ベースでしたが、現在は登録識別情報となっています。

不動産買取における権利書を紛失した際の対処法とは?

ただ、普段は全く使わない書類なので権利書を紛失してしまったという可能性もあります。
その際の対処法は3つあります。

本人確認情報の作成

なくしてしまった経緯を誠実に話し、所有権移転登記の手続きを踏めば、権利書の代用として認められます。
本人確認情報の作成は、弁護士や司法書士、公証人に依頼します。
しかし、この作成には数万円がかかってしまうので、なるべく保管しておくように心がけましょう。

法務局登記官の事前通知制度の利用

権利書がない状態で、所有権移転登記などの登記を申請すると、法務局から事前通知が発送されます。
それにサイン、押印をし法務局に返送することで、本人の意思であることを示すことができます。
登記所から発送されて、2週間以内に申し出をおこなう必要があります。
必ず期限を過ぎないように注意をしてください。

公証役場での本人確認

公証役場に行き、登記申請の委任状を権利書として認めてもらいます。
公証人の前で委任状などの証明をし、本人であることを確認することで、正しい書類として認められることとなります。
この方法だと、数千円程度でおこなうことができるので、かなりおすすめの方法ではあります。
しかし、公証役場が開いている時間にしか使うことができません。
平日の昼間に、印鑑証明書や実印、運転免許証などの身分証明書、さらには委任状を持って公証役場に直接いかなければなりません。
平日の昼間に時間が取れる方しか使えない点がデメリットであると言えます。

かんたん売却査定はこちら

まとめ

不動産買取において、権利書は所有権が自分にあることを証明する役割を果たしています。
また、権利書を紛失したときは、3つの対処法があります。
ただ、どの方法も手間がかかることなので、なるべく権利書をなくさないように、厳重に管理することをおすすめします。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を任意売却できるケースとは?流れとメリット・デメリットも解説!   記事一覧   不動産の買取保証とは?そのメリットやデメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 TATSU
    • 〒242-0016
    • 神奈川県大和市大和南1丁目6-13
      ダイアパレス大和駅前 903
    • TEL/046-212-8113
    • FAX/050-3457-8364
    • 神奈川県知事 (1) 第31170号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

吉田 達範 最新記事



吉田 達範

不動産に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。必ずお役に立てると思います。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る