家を買うなら知っておきたい!災害保険の補償範囲と加入の必要性

不動産購入

家を買うなら知っておきたい!災害保険の補償範囲と加入の必要性とは

家の購入に関わらず、日常的に自然災害や人為災害の被害に関するニュースを目にして、災害保険の必要性を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
災害保険は、火災保険と地震保険に大別できます。
今回は、火災保険と地震保険の補償範囲や加入の必要性についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を購入する前に知っておきたい災害保険について①火災保険

火災保険とは、被災時に家屋だけでなく家財道具の損害を補償する保険です。
補償範囲となる災害には、火災・風災・雹災・雪災・水災などがあり、保険会社によっては盗難や水漏れなど日常生活でのトラブルを含むプランもあります。
たとえ敷地内にあっても車や現金・有価証券・プリペイドカードや切手類、帳簿類、電子データ、動植物については補償範囲外です。
注意しなければならないのが、地震や噴火、津波による火災被害は補償範囲外になってしまう点です。
とくに地震が原因の火災は地震発生から数時間後に発生したり延焼することがありますが、この場合も火災保険の補償範囲外であることは知っておく必要があるでしょう。

家を購入する前に知っておきたい災害保険について②地震保険

地震保険は、火災保険では補償されない地震や噴火、津波による被害を補償する保険です。
地震保険は単独で加入できないのが特徴で、加入するには火災保険と併せて契約する必要があります。
火災保険とセットなので補償範囲は地震・噴火・津波が原因の火災や損壊・損害のみです。
たとえ地震・噴火・津波が原因であっても、家財の紛失や盗難、門や塀のみの損害、地震・噴火・津波発生翌日から10日以上経過後の損害は補償範囲外になります。
保険金は保険対象の家屋・家財の損害程度を、全損・大半損・小半損・一部損に分けて各支給割合に応じて支払われるので、一部損に至らない損害も補償範囲外です。

家を購入するときに災害保険へ加入する必要性は?

家を購入する際、金融機関で住宅ローンを組む条件として災害保険への加入が求められることがあります。
住宅ローンは30年以上の長期間で返済することも多く、その間に被災するとローンだけが残る可能性があるのです。
新たに家を買うのであれば、二重ローンになってしまいます。
住宅ローンの利用者が被災によって多額の残債の返済に窮することがないよう、金融機関はあらかじめ災害保険への加入を促すのです。
知っておかなければならないのが、自然災害かどうかに関わらず近隣住宅の火災による延焼で自宅が火災に遭った場合でも、火元に賠償責任を問えないという点です。
地震による隣家の倒壊で自分の家が損傷した場合も、隣家に賠償責任を問うことはできません。
他人に損害賠償が請求できないことからも、災害保険の加入の必要性は高いと言えるでしょう。

その他記事一覧はこちら

まとめ

火災保険や地震保険の補償内容や保険料は、保険会社や商品によって異なります。
災害保険は、補償額だけでなく補償範囲も細かく選択できます。
加入する際は勧められた保険に安易に加入したり、保険料で決めたりするのではなく、きちんと補償内容を吟味するようにしましょう。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産購入”おすすめ記事

  • 不動産を現金で一括購入するときのメリットと注意点とは?かかる費用も解説!の画像

    不動産を現金で一括購入するときのメリットと注意点とは?かかる費用も解説!

  • 土地購入における日影規制とは?統計や注意点、北側斜線制限について解説!の画像

    土地購入における日影規制とは?統計や注意点、北側斜線制限について解説!

  • 不動産購入の最適な時期とは?統計結果や決断のポイントもご紹介!の画像

    不動産購入の最適な時期とは?統計結果や決断のポイントもご紹介!

  • 住宅購入時のオーバーローンのリスクと注意点をご紹介!の画像

    住宅購入時のオーバーローンのリスクと注意点をご紹介!

  • 不動産購入時の仲介手数料とは?相場って?無料になる場合ってあるの?の画像

    不動産購入時の仲介手数料とは?相場って?無料になる場合ってあるの?

  • 不動産買取の流れを解説!買取後の確定申告は必要になる?の画像

    不動産買取の流れを解説!買取後の確定申告は必要になる?

もっと見る