大和市の不動産・買取|株式会社TATSU(タツ) > 株式会社 TATSUのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時の仲介手数料とは?相場って?無料になる場合ってあるの?

不動産購入時の仲介手数料とは?相場って?無料になる場合ってあるの?

カテゴリ:不動産購入

不動産購入時の仲介手数料とは?相場って?無料になる場合ってあるの?

不動産を購入する際には、建物と土地の代金以外にもいろいろと費用が発生します。
費用のなかには、法律で上限額が定められているものもあります。
それが仲介手数料です。
仲介手数料とはどういったものなのかについてお話をしていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時の仲介手数料とは

仲介手数料とは、不動産会社がお客様の依頼に基づいておこなった不動産売買の対価になります。
契約が成立した場合にのみ支払われるものとなり、契約が成立しなかった場合や、不動産会社が直接売買をおこなった場合には発生しません。
なお、仲介手数料にも消費税が課され、消費税率の改正に伴い、2019年10月から10%の消費税が課されています。

不動産購入時の仲介手数料の相場とは

不動産売買時に発生する仲介手数料は、法律によって上限額が定められています。
宅地建物取引業法によって以下のように上限額が細かく設定されています。

●200万円以下の部分に関しては、売買価額の5%
●200万円超~400万円以下の部分に関しては、売買価額の4%
●400万円超の部分に関しては、売買価額の3%


売買価額が高額の場合は、それぞれの価格帯に分けて計算をした後に合算し算定されます。
戸建てかマンションかに関係なく同じように計算され、最終的に算出された金額に消費税を足して金額が決定する流れです。
一般的には、上限額が相場になっていることが多いです。

不動産購入時の仲介手数料が無料になるメリット・デメリットは?

不動産購入時の仲介手数料が無料になるメリットは?

1つ目のメリットは、費用を抑えられる点です。
本来かかるはずの仲介手数料をカットできるので、他に資金を回すことができます。
2つ目のメリットは、自己資金が増えるので住宅ローンの頭金に回して月々の返済額を抑えることができる点です。
また、住宅ローンを組んだときの返済計画が立てやすくなります。

不動産購入時の仲介手数料が無料になるデメリットは?

1つ目のデメリットは、すべての物件で利用できるわけではない点です。
2つ目のデメリットは、物件価格に上乗せされている可能性がある点です。
相場と見比べて、検討するようにしましょう。

その他記事一覧はこちら

まとめ

不動産購入時の仲介手数料についていろいろとお話をしました。
仲介手数料は、不動産会社の売買活動に対して支払う成功報酬です。
法律によって上限額が定まっていて、概ねの相場が上限額となっています。
不動産を購入する際には物件以外にも諸費用が多くかかるため、何にどれほどかかるのか事前に調べておきましょう。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産査定の種類はどんなものがある?机上査定と訪問査定の違いは?   記事一覧   雨漏りしている家は売却が難しい?告知義務の必要性や売却方法についても解説|次へ ≫

吉田 達範 最新記事



吉田 達範

不動産に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。必ずお役に立てると思います。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る