大和市の不動産・買取|株式会社TATSU(タツ) > 株式会社 TATSUのスタッフブログ記事一覧 > 家の購入時に検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

家の購入時に検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産購入の最適な時期とは?統計結果や決断のポイントもご紹介!   記事一覧   マンションのリフォームで考えるべきポイントとは?準備や注意点を解説|次へ ≫

家の購入時に検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

カテゴリ:不動産ノウハウ

家の購入時に検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

家を購入する際、住宅ローンで借り入れできる金額を増やしたい場合があるかもしれません。
借り入れ額を増やすには、夫婦で住宅ローンを組む「ペアローン」という方法があります。
今回は、ペアローンについてのメリットとデメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

ペアローンの特徴

ペアローンとは、1つの家に対して同居する夫婦や親子、同性パートナーなどがそれぞれ住宅ローンを組み、お互いに連帯保証人になることです。
収入を合算できるため、借り入れ金額を上げられます。
夫婦でペアローンを組む場合は、物件が夫婦二人の名義になり、借り入れ額、借り入れ期間、毎月の返済額もそれぞれで設定できます。

ペアローンを組むメリット

ペアローンを組むメリットは下記のとおりです。

借り入れ額を増やせる

収入を合算できるので、住宅ローンの借り入れ額を引き上げられ、購入できる住宅の選択肢が増えます。

それぞれに住宅ローン控除が適用される(条件あり)

住宅ローン控除とは、上限を40万円として、年末の住宅ローンの残高の1%が所得税から控除されるものです。
仮に夫婦のうちで夫だけが住宅ローンを組んでいる場合、年末に5,000万円の住宅ローンが残っているとすると、控除額は40万円です。
しかし、ペアローンなら、年末残高がそれぞれ2,500万円のとき、控除額はそれぞれ25万円ずつになります。
二人が控除を受けられる条件は「収入の合算が3,000万円以下」「延床面積が50平米以上の住宅」「返済期間が10年以上」の3つです。

将来売却するときに特別控除を二人とも受けられる

仮に家を将来売却するときも、売却利益のうちそれぞれ3,000万円までは税金がかかりません。

ペアローンを組むデメリットや注意点

ペアローンを組むときのデメリットは、それぞれにローンの手続きが必要なため、事務処理手数料が2倍かかることです。
また、夫婦のうちでもし夫だけが住宅ロ―ンを組んで団体信用生命保険に入っていた場合、万が一のときは全額弁済されますが、ペアローンの場合に弁済されるのは該当者分のみとなっています。
残された方の返済義務は残りますので、その点も考慮して組むことが必要です。
加えて、出産・育児などでライフスタイルが変わると、共働きを続けるのが困難になる場合もあります。
注意しなければならないのは「借り入れ額が増えると、毎月の支払額も世帯で見ると増える」ということです。
本当に返済が可能か、ライフステージごとにも慎重に検討しましょう。

まとめ

ペアローンは同居する夫婦や親子、同性パートナーが利用でき、借り入れ額の増加や住宅ローン控除の面でメリットがあります。
同時に、事務手数料が2倍かかることや共働きを続けられるかなど、注意する点もあります。
ライフスタイルをしっかり考えて、自分たちに合った住宅ローンを組みましょう。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


その他記事一覧はこちら

≪ 前へ|不動産購入の最適な時期とは?統計結果や決断のポイントもご紹介!   記事一覧   マンションのリフォームで考えるべきポイントとは?準備や注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 TATSU
    • 〒242-0016
    • 神奈川県大和市大和南1丁目6-13
      ダイアパレス大和駅前 903
    • TEL/046-212-8113
    • FAX/050-3457-8364
    • 神奈川県知事 (1) 第31170号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

吉田 達範 最新記事



吉田 達範

不動産に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。必ずお役に立てると思います。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る