大和市の不動産・買取|株式会社TATSU(タツ) > 株式会社 TATSUのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却益には税金がかかる?計算方法と控除について解説

不動産の売却益には税金がかかる?計算方法と控除について解説

不動産の売却益には税金がかかる?計算方法と控除について解説

「不動産売却を考えているけれど、支払いが必要な税金って何があるだろう」「事前にどのぐらいの金額になるか知りたい」お金について知りたい方は多くいます。
とくに売却益には税金がかかるので注意が必要です。
利益が出た場合の計算方法から、損失が発生した場合の損益通算まで解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却益にかかる税金とは

そもそも売却益とは、不動産を売ることで得た利益のことです。
この利益には税金が課せられるため、不動産を売ったときに税金の支払い義務が生じるのです。
売買価格によっては損失になることもあるので注意が必要です。

不動産売却益にかかる税金の計算方法

売却益は売却価格から取得費や譲渡費用、控除を差し引いた金額です。
この売却益に一定の税率をかけることで、支払い金額を計算できます。
税率は不動産の所有年数によって異なり、5年以下の場合は高めに、5年より長く所有していた場合は低めに設定されています。
所得税:5年以下30%、5年超え15%
住民税:5年以下9%、5年超え5%
所得税と住民税の合計:5年以下39%、5年超え20%
所得税と住民税を合わせると、税率は約2倍違ってきます。

不動産売却益がなかった場合の税金は控除になる?

不動産を売却したけれど売却益が出なかった場合は、確定申告で損益通算、繰越をおこないましょう。
利益が出た場合も確定申告が必要ですが、多くの場合、損失になったときに確定申告するのは忘れがちです。
損益通算することで翌年以降の節税対策に繋がり、税金支払い額は下がります。
反対に利益が出た場合でも、条件を満たすことで譲渡所得3,000万円が控除になる場合もあります。
自分の売却で使えるかはかならずチェックしておきましょう。

損益通算

損益通算とは、一定期間内で損失を相殺、税金の支払いを減らす方法です。
主に株式や投資などの損益、不動産譲渡時に損益が発生した場合に使われます。

繰越控除

損失が1年で控除しきれなかった分を最長3年にわたって繰越できる方法です。
大きな金額の損失が発生したときに使われます。

まとめ

不動産売却と聞くと、お金が手に入るイメージが強いと思いますが、実は税金の支払いも多くあります。
売却益が出た場合は課税され、損益が出た場合は損益通算など繰越可能です。
課税税率は所有年数によって異なるため、5年間近で売ろうと考えている方は、5年を超えてから売るほうが支払い税額が下がる場合もあるので注意しましょう。
私たち株式会社TATSUは、神奈川県央・大和市を中心に不動産の買取などをおこなっております。
お客様のご要望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却ができずに長引いてしまう原因とは?対処法もご紹介   記事一覧   不動産を売却するときに「分筆」するメリットや方法とは?|次へ ≫

トップへ戻る